未分類

テレビアニメ『黒子のバスケ』

Published by:

遅ればせながら、そしていい歳の大人でありながら、アニメ『黒子のバスケ』にハマってしまいました。

「バスケットボールの名門校、帝光中学校に10年に一人と言っていいほどの天才選手が5人同時に揃った。しかし彼ら以外にもう一人「幻のシックスマン」と呼ばれる選手がいた」こうして始まるこの物語。

主人公である黒子テツヤがこの「幻のシックスマン」な訳ですが、彼にはバスケの才能はあまり無いし運動神経も人並みかそれ以下です。しかし「影がうすい」という自身の資質を活かし、パス回しに特化した選手としてチームを支えていきます。

私の世代のスポ根モノといえば主人公はあくまで物語の中心にいて、ストーリーが進むにつれて秘めたる才能を開花させていくようなパターンが多かったのですが、黒子はこういうタイプの主役ではありません。それでいて、ジャンプ漫画の王道「友情・努力・勝利」に沿っているのがこの作品なのです。

『黒子のバスケ』が魅力的なのは、黒子が「影」に徹する分「光」にあたるキセキの世代や高校入学後にパートナーとなった火神のキャラが際立っていて、群像劇として優れているところだと思います。そして黒子が所属する誠凛バスケ部の面々が、個人技で勝負するキセキの世代にチームワークで対抗していくのも、観ている側を熱くさせてくれます。

「やたら女の子に人気がある」という偏見しか持っていませんでしたが、今では大好きな作品になっています。