未分類

エネルギー政策

私は、原子力発電から自然エネルギーへのシフト、特に太陽光を利用したソーラーパネルの開発強化が必要だと考える。

自然エネルギーはまだまだ確立されていない部分が多く、しかも発電コストは原子力発電よりも高くなってしまう。

発電コストにより電気代が上がることになれば、日本が世界に誇る工業生産にも大きな打撃を与えることになる。

しかし、コストの面で言うならば、原子力発電には事故の損害賠償や、原発から放出された放射能の汚染ごみの処分などの点で莫大な費用が掛かる。また、コストが高いといわれるソーラーパネルや風車などの自然エネルギーを利用したものは、大量に生産することによって価格は比較的安価にて落ち着き、利用者が増えることが見込まれる。

そして利用者が増えることによって、生産する側も技術開発に一層力を入れて、さらに効率のいい技術が開発されるようになると思う。また、ソーラーパネルや風力発電は、今後世界的に大きな需要が生まれると思う。

日本が率先して開発を進めていけば、将来的には必ず大きな輸出産業になるだろう。しかし、エネルギーの供給量は天候により不安定になるという短所もある。

日本に現存する原発の安全確認を行いながら、時間をかけて原発からシフトしていくことが必要になるだろう。