未分類

三味線ってそんなに難しい楽器だとは思わないですね

そう、修理屋でよく考えるのが、大正琴のリペアです。それ以外に何かあるのかというと、三味線を作れたら良いと思いますね。
三味線って、ブランドも何もないですし、合皮だとプラスチックか何かを使っているらしく、そういう所に勤められたらと思います。

そのために努力するのですけど、基本的には性格からいってフリーなタイプだと思います。
おお、雷ががんがん鳴っていますね。ヒッピーソングを聞きながら、雷って結構良いと思います。
津軽三味線に限らず、伝統楽器の演奏と、雷雨は合うんですよね。自分の中ではですけどね。
元々、豪雨の中の雷鳴に合う音楽というものは結構あるのですけど、自分はヒッピーソングのコード進行が、かなり好きなので、まさしく聞いていて萌えですね。

三味線は伝統工芸として、職人が作ると中々細かい音の部類で、言われると思うのですけど、元々、アナログ楽器ですからね。
日本人って拍付けしたいのですよね。
こうすれば、こういう音になるよって簡単に話してしまえばいいと思うのですけどね。
楽器に難しい理屈はあんまりない気がしますね。
ギターも元はマーチン社のもののパクリですしね。
三味線もそんなに専門的ではないと思います。伝統工芸なら、弟子入りで苦労するのでしょうか。